援交を募集していたJKをTwitterで見つける
私は高校生を教える家庭教師のバイトをしています。家庭教師のバイトはすごく給料が良く、教えた分だけその子の成長が感じるのでやりがいを感じます。そして今、新しく教えている高校生はとても可愛い女の子でさらに気分が高鳴っていました。お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人のハーフで目はパッチリ二重、肌も白くて、スタイルも良くてこんな子だったらJKと円光する考えをもってしまうなと思いました。そして、見た目だけでなく彼女は私の言った宿題もきちんとやってくれるし、成績もどんどんと上がってくれて優秀な生徒でした。

「先生はJKと円光するようなことをしたことあるの。」「犯罪はしたことありません。どうして。」「もし、私が今回の期末テストで10位以内に入ったらデートしてくれますか。お金を渡さなければJKと円光するとかじゃないし、犯罪じゃないでしょう。私、以前から先生のことが好きなんだ。」「分かった。10位以内に入ったらデートしよう。」「約束だよ。」この事を彼女の親が知ったらきっと私を解雇するだろうなと思いました。

そして彼女は約束どおりに期末テストが9位に入りました。この事に対して彼女の母親は凄く喜んでくれました。そして、両親には内緒と言う条件で彼女とデートをしました。

いつも夕方しか会ってないので昼間の彼女会うのはとても新鮮でした。最初に訪れた場所はディズニーグッズが置いてある店。彼女の部屋はディズニーのキャラクターだらけという事もあって、今回も人形を買うと言っていました。私は成績のご褒美でその人形を買ってあげました。「ありがとう。1番大切にするね。」
即ハメ
JKと円光する

今日のアクセス:2/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:84


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理